私たちについて


一人の活動から仲間との活動へ

 現在につながる活動は2012年の7月から始まりました。当時代表が一人、福島第一原発作業員の方々の現状を世に伝え、廃炉現場の環境を社会が支えるよう訴えていました。ですが、それはとても小さい取組で現場を変えるに至たらず、2013年の11月、仲間と共に任意団体「Appreciate FUKUSHIMA Workers」をたち上げ、社会に廃炉現場を支えることの重要性を、支援物資を贈る活動を通じて行ないました。その後、廃炉後の浜通り地方が豊に暮らせるよう復興への取組も同時に始めることになりました。私達は福島第一原発と向きあいながら、「次世代に託せるふるさとを創り」を始めました。

必要とする方へ福島第一原発の情報を届ける

 転機になったのは福島第一原発への視察(2015年2月)。私達AFWは、震災後初めて一般個人の方を福島第一原発にお連れすることを定期的に始めた団体です。福島第一原発の現状は私達の生活に今もインパクトを与えています。私達が安心して暮らすには。知ることが出来る環境が必要です。第三者から得るのではなく、福島第一原発と共生する地域で暮らす方々が、必要な情報を得られる環境を私たちは作りあげました。そして、それを必要とする方々へ届けることを専門に行っている団体です。暮らしの視点で「福島第一原発」を学べる環境を作ることは、旧避難区域の定住人口増加に不可欠です。

初心を忘れず、本当の復興を目指して

 2015年の6月、法人化に際して、Appreciate(正しい評価と敬意を含んだ感謝)、FUKUSHIMA(復興へと歩む福島県全体)、Workers(働く人たちへ)の頭文字を並べ、社団名を「AFW」としました。これは「福島第一原発の廃炉現場を社会が支えて欲しい」、「福島県で復興に取り組む方々への敬意と感謝」活動の初期の思いは今も変わらないからです。廃炉が進まなければ原発事故被災地の復興は真の意味であり得ません。また、同時に原発事故被災地の復興もまだまだ道半ばです。次世代に責任を持って託すのは、地域だけではなく「福島第一原発の廃炉」も含まれていると私達は考えます。

次世代へ責任を持って繋げる

 私達の活動は、原子力事故後のふるさとを守り繋げるために、必要な取組を包括的に行っています。ふるさとを見つめ直し、被災地地域の未来を創りあげていくために必要な取組として、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向き合える環境作りと、被災地域再興のお手伝いを行っています。
 遠い将来、私達の子供たちが「原発事故は大変な事故だったと聞いた、大人のみんなは何をしていたの?」と問われた時に、胸を張って「次の世代に“ふるさと”をバトンタッチするために頑張ったんだよ」と言えるようになる為の活動をしています。

代表プロフィール

代表「吉川彰浩」プロフィール
・1980年生まれ
・東電学園高等部卒(1999年)、高等部時代は原子力・火力コースを選択。
・卒業後、福島第一原子力発電所に配属。(1999年)。 福島県双葉郡双葉町に住む。
・1年間の当直員(操作員)の研修後、保全部環境施設Grへ配属。環境施設Grでは各号機の廃棄物処理建屋と集中環境施 設建屋の保守管理・現場監理に従事。
・2008年福島第二原子力発電所へ転勤。福島県双葉郡浪江町に住む。業務は集中環境施設建屋(廃棄物処理、焼却設備)の保守管理を担当。

・2008年福島第二原子力発電所へ転勤。福島県双葉郡浪江町に住む。業務は集中環境施設建屋(廃棄物処理、焼却設備)の保守管理を担当。
・震災時は福島第二原子力発電所で被災。震災後の 復旧業務は福島第二原子力発電所で行う。
・2012年.6月退職。
・一般社団法人 AFW 代表
「次世代に託せる”ふるさと”を描く」活動を行っている。
自身と家族親類も原発事故により避難生活中。

・著書「福島第一原発廃炉図鑑(太田出版)」

法人概要

法人名 一般社団法人AFW
所在地 福島県いわき市久之浜町久之浜字立123番地1
問い合わせ yoshikawa@a-f-w.org
理事 森田栄一
桜井洋貴
代表理事 吉川彰浩

button_donate